Charlotte POST

被保険者への電子送付サービスが誕生!

公文書の受け渡しを、
もっと便利に、もっとスムーズに。

封入・郵送・メールアドレスの管理もすべて不要。
CharlotteからCharlotte POSTへ公文書等が自動投函。
安全迅速にお届けします。

導入やトライアルのご相談はこちら

電子申請への対応後も、公文書の郵送作業の手間は減らず困っている……

そんな労務担当者様のお声をもとにできたのが、
Charlotte POSTです。

担当者の手作業で、郵送やメール送付などを行っていたものが、被保険者ご自身で公文書の取得が可能に。
明細書などの社内資料も送付でき、さまざまな用途にご利用いただけます。
さらに、今までの郵送費や紙のコスト削減につながり、公文書の入れ間違いのリスクも大幅に減らせます。

労務担当者の 3つの「困った」!

印刷の手間が多く、
ペーパーレス化が進まない

印刷作業にかなりの時間が。
当然、紙代・印刷代も…

封入の入れ間違いが
怖い

大切な個人情報を、間違えて
他の人に送ってしまったら…

個人メールアドレスを
管理したくない

離職者のメールアドレスの把握や
管理は、かなり面倒…

Charlotte POSTならできる!

業務の負担を減らす 7つのポイント

  • 1.被保険者自身がコンビニで印刷、担当者は通知書等の印刷作業の手間が省ける
  • 2.通知書等の共有はCharlotteとCharlotte POSTが自動連携、封入作業によるミスが起こらない
  • 3.被保険者の個人メールアドレスを利用せずに、POSTへ通知書等が投函が可能
  • 4.POSTに通知書以外の資料も投函できるため、電子データですべて管理が可能
  • 5.通知書を渡さない手続きがある場合、手続きごとに自動連携の有無が選べる
  • 6.被保険者への発送状況の連絡が不要
  • 7.被保険者の通知書等のダウンロード履歴が一目で確認できる

それが、Charlotte POSTです!

ご利用イメージ

Step1

担当者が被保険者情報をPOSTに登録後、
被保険者へログイン情報を通知

被保険者のPOSTを作成。
個人メールアドレスは不要なため、QRコードで通知します。

Step2

担当者がCharlotteから申請

いつも通り、Charlotteで電子申請を行っていただきます。

Step3

各行政機関から通知書等がCharlotteに届いたら、
自動で被保険者のPOSTに投函

CharlotteとCharlotte POSTが自動連携し、被保険者のPOSTに通知書等を自動で投函します。

Step4

被保険者がスマホで通知書等をダウンロード、
コンビニで簡単に印刷

被保険者は、スマホでダウンロードした通知書等を、お好きな場所のコンビニで印刷できます。
離職票の場合、被保険者はそのままハローワークへ。

さらにe-Gov連携ソリューションで申請作業からの一元化が可能です。

社会保険・労働保険の電子申請を効率よく簡単に。

窓口申請の移動時間・e-Gov申請の台帳作成業務の手間を大幅カット。

初期費用不要
予約機能でいつでも申請可能
大量データの一括申請可能
データ補正や補填が簡単
人事給与システムを選ばない
万全のセキュリティ

Charlotteの詳細はこちら

さらに、Charlotte POSTと連携すれば……

被保険者情報の再登録不要
入社〜退社までの手続きを一元管理

よくあるご質問

POSTにアップロードされた通知書等の保管期間はどのくらいですか?

30日間保管しています。

1つの資料を複数の被保険者に一斉投函できますか?

はい。複数の書類を一括で添付することも可能です。

被保険者がパスワードを忘れた場合はどうすればよいですか?

被保険者自身でパスワードをリセットしていただきます。

契約前に、試しに使わせてもらえますか?

はい、可能です。
ご利用に向けて操作方法から運用方法までお手伝いしますので、安心してご相談ください。

サポートセンターはありますか?

はい。サポートは電話とメールにて対応可能です。
電話の対応は平日9:00~17:00となっております。(夏季休暇・年末年始等有)

サポートに追加費用はかかりますか?

かかりません。すべて通常の月額費に含まれます。お問い合わせに上限回数はありません。

通常月額費のほかに保守費などはかかりますか?

別途費用は発生いたしません
バージョンアップなどは通常サービスに含まれております。

 

Charlotte(シャーロット)とは

社会保険・労働保険の電子申請を
効率よく簡単におこなえるソリューションです。

2017年6月、行政手続コストを削減するため、厚生労働省は特定の法人に対して社会保険・労働保険に関する一部の手続きにおいて電子申請を義務化すると発表。2020年4月1日以降に開始する特定の事業者の事業年度から、電子申請の義務化が適用されます。

※ 資本金などの額が1億円を超える法人、相互会社、投資法人、特定目的会社が対象

導入などについてのご相談を
無料でお受けしています。

導入やトライアルのご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 9:00〜17:00
株式会社ユー・エス・イー Charlotte(シャーロット)推進室

※「Charlotte」はユー・エス・イーの登録商標です。(登録商標第5980282号)

※「Charlotte」の開発会社である株式会社ユー・エス・イーは社会保険システム連絡協議会に加盟しています。
「社会保険システム連絡協議会」とは、総務省行政管理局及び厚生労働省等と、社会保険・労働保険関係手続きの電子申請が可能なソフトウェアを開発・販売・サポートする社会保険システム業界との窓口として、相互の事務連絡、情報交換及び協議等の円滑化を図り、社会保険行政の円滑な執行に資することを目的とした団体です。

※ 総務省 e-Gov最終結合試験合格
総務省の最終試験は、民間事業者が開発したソフトウェアを使用してe-Gov電子申請システムが正常作動確認することを目的としております。民間事業者が開発したソフトウェアの正常動作の確認を目的とするものではありません。

導入やトライアルのご相談はこちら